2020年7月:日本人投手情報

ダルビッシュ 有(カブス)/ 投手

 カブス 6-3 パイレーツ(現地時間7月31日の試合)

先発で登板。
6回を2安打無失点7奪三振1四球で、今季初勝利を挙げた!!(1勝1敗)

【投手成績】1勝1敗 防御率.2.70

 カブス 3-8 ブリュワーズ(現地時間7月25日の試合)

先発で登板。
4回を6安打3失点5奪三振1死球で、今季初黒星を喫した(0勝1敗)

【投手成績】0勝1敗 防御率.6.75

前田 健太(ツインズ)/ 投手

 ホワイトソックス 2-14 ツインズ(現地時間7月26日の試合)

先発で登板。
5回を4安打2失点6奪三振1四球で、今季初勝利を挙げた!!

【個人成績】1勝0敗 防御率 3.60

菊池 雄星(マリナーズ)/ 投手

 アストロズ 6-7 マリナーズ(現地時間7月26日の試合)

先発で登板。
3回2/3を5安打5失点4奪三振4四球で、勝敗はつかなかった。

【個人成績】0勝0敗 防御率 12.27

山口 俊(ブルージェイズ)/ 投手

 ブルージェイズ 0-4 ナショナルズ(現地時間7月29日の試合)

スコアレスの10回表から6番手でマウンドへ。
今季はタイブレークが導入されているため無死2塁の場面から登板。

フォアボール2つで無死満塁とすると連続三振で2死満塁までこぎつけたが、内野安打で1点を先制されると、3番カブレラ選手に走者一掃のタイムリースリーベースを許してしまいこの回4失点。

1回を2安打4失点2奪三振2四球で、今季2敗目を喫した。

【個人成績】0勝2敗 防御率.36.00

 レイズ 6x-5 ブルージェイズ(現地時間7月26日の試合)
[延長10回]

5対4と1点リードの10回裏から8番手で登板。
0/3回を1安打2失点1四球で、今季初黒星を喫した。

【個人成績】0勝1敗 防御率.-

メジャー移籍後初のマウンドでサヨナラ負けを喫した。4対4で延長戦に突入し、10回表にブルージェイズが1点を勝ち越し、迎えた10回裏のマウンドには山口選手。

タイブレークが採用されているため無死2塁の場面から始まったが、フォアボールで無死1,2塁とサヨナラのランナーを出してしまうと、レイズの5番キーアマイヤー選手にライトへの2点タイムリースリーベースを許してしまい逆転サヨナラ負けとなった。

大谷 翔平(エンゼルス)/ 投手

 アスレチックス 6-4 エンゼルス(現地時間7月26日の試合)

先発で登板。
0/3回を3安打5失点3四球で、今季初黒星を喫した(0勝1敗)

【投手成績】0勝1敗 防御率.-