ダルビッシュ有(パドレス)2021

ダルビッシュ 有(パドレス)/ 投手

【投手成績】 8勝11敗 防御率.4.22

【打者成績】 打率.094 本塁打.0 打点.1

レギュラーシーズン

(9月)

ダルビッシュ 有(パドレス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

ドジャース 2-1 パドレス(現地時間9月28日の試合)

9番投手で先発出場。
初回2本のツーベースヒットであっさりと先制点を与えてしまう。
2回裏もヒットとフォアボール2つで2死満塁とピンチを招くもセンターフライに打ち取り追加点は与えなかったが、投球が安定しない。
3回裏2死1,2塁とピンチを招くとワイルドピッチで2死1,3塁となってからタイムリーヒットで追加点を与えてしまう。その後2死満塁とピンチは続いたが見逃し三振に抑えて最小失点で切り抜ける。
4回裏にこの試合初めて3者凡退と立ち直りを見せるも、この回を投げ切ったところで降板となった。

試合は5回以降投手戦となり、パドレスが9回表に1点を返すも反撃もここまで。
ダルビッシュ投手が敗戦投手となり11敗目を喫した。

投球記録;4回を5安打2失点6奪三振4四球。投球数(ストライク):85球(57)
打席記録;1打数無安打(空振り三振)

パドレス 7x-6 ジャイアンツ[延長10回](現地時間9月23日の試合)

9番投手で先発出場。
1回表を三者凡退に抑えると、その裏に打線が4点を奪って先制したまでは幸先の良いスタートとなったが、2回表2死2塁からヤムトレムスキー選手にツーランホームランを許してしまい2点差まで追い上げられてしまう。
3、4、5回は毎回ランナーを出すものの要所を抑えて得点を与えなかったが、6回表にフォアボールとヒットで無死1,2塁とピンチを招くと、3番ブライアント選手を空振り三振に抑えて1死1,2塁となったところで降板となった。

しかし2番手投手が代打スレーター選手に逆転スリーランホームランを浴びてしまい、ダルビッシュ投手の勝利投手の権利は消滅。
試合は6回裏に打線が2点を奪って再逆転するも7回表に同点に追い付かれてしまい6対6のまま延長戦へ。
10回裏1死2,3塁からカラティニ選手の内野安打でサヨナラ勝ちを収めた!

投球記録;5回1/3を3安打4失点7奪三振3四球。投球数(ストライク):96球(56)
打席記録;2打数無安打(見逃し三振、遊ゴロ)

カージナルス 3-2 パドレス(現地時間9月18日の試合)

9番投手で先発出場。
立ち上がりから安定した投球で3回までパーフェクトピッチングを見せる。
2点を先制してもらった4回裏、ヒットとフォアボールで無死1,2塁とピンチを招くも後続を見逃し三振、見逃し三振、レフトフライに打ち取り無失点で切り抜けた。

5回裏は3者凡退に抑え、6回裏には無死1,2塁とピンチを招くも後続を見逃し三振、見逃し三振、ショートゴロに打ち取りこの回も無失点で切り抜けた。
7回裏を3者凡退に抑え、この回を投げ切ったところでダルビッシュ投手は勝利投手の権利を持って降板。
しかし、2点リードの8回裏に2番手投手が3点を失って逆転を許してしまい、ダルビッシュ投手の勝ち星は無くなりチームも逆転負けを喫した。

投球記録;7回を3安打無失点9奪三振1四球。投球数(ストライク):96球(68)
打席記録;3打数1安打(左安、遊ゴロ、空振り三振)

ジャイアンツ 9-1 パドレス(現地時間9月13日の試合)

9番投手で先発出場。
初回、1番ラステラ選手に先頭打者ホームランを許してしまい先制点を与えてしまう。ワンアウトを取るもフォアボールでランナーを出すと、4番ウェイド選手にタイムリースリーベースヒットで追加点を奪われる。その後1死1,3塁となり6番ロンゴリア選手にスリーランホームランを許してしまい5点を失う最悪のスタートとなった。
2回、3回は無失点で切り抜けるも、5対1と4点ビハインドで迎えた4回裏、この回先頭のヤストレムスキー選手にソロホームランを許すと、その後2死1塁からベルト選手にツーランホームランを許してしまった。

8対1と7点ビハインドの5回表に打席が回ってきたところで代打を送られ交代。
序盤の大量失点が響いてチームは敗れ、ダルビッシュ投手が敗戦投手となり10敗目を喫した。

投球記録;4回を6安打8失点3奪三振3四球。投球数(ストライク):96球(57)
打席記録;1打数無安打(一ゴロ)

パドレス 8-5 エンゼルス(現地時間9月8日の試合)

9番投手で先発出場。
初回、3者連続見逃し三振と完璧な立ち上がりを見せる。
2回表1死1,3塁とピンチを招くと、右中間へフライが上がると犠牲フライで1点を先制されてもおかしくない場面でライトからの好返球でホームタッチアウトとしてダブルプレーとなり無失点で切り抜けた。
2回裏に味方打線が爆発し大量8点を奪うと、4回表に1点を返されてしまうも失点はこの1点だけ。
6回を投げ切ったところで勝利投手の権利を持って降板。大量リードに守られ逃げ切ってパドレスが勝利した。

なおエンゼルスの大谷選手に出番は無く日本人対決はお預けとなった。

投球記録;6回を3安打1失点7奪三振1四球で今季8勝目を挙げた!! 投球数(ストライク):99球(64)
打席記録;3打数無安打(遊ゴロ、見逃し三振、見逃し三振)

ダイヤモンドバックス 8-3 パドレス(現地時間9月1日の試合)

9番投手で先発出場。
1回、2回はランナーを出すものの無失点で切り抜ける。
しかし3回裏1死走者なしから連打で1点を先制されると、その後1死1,3塁とピンチを招き、ワイルドピッチで3塁走者がホームに生還して1点を失うと、1死2塁からツーランホームランを浴びてしまい4失点。
その後2死走者なしからヒットと盗塁で2死2塁と再び得点圏にランナーを背負うと、タイムリーヒットで5点目を失う。
2死1塁となりサードゴロに打ち取って3アウトチェンジかと思われたが、サードの悪送球でエラーとなり2死1,3塁となったところで降板となった。
2番手投手がタイムリーヒットを許して1点を追加され、この回だけで6点を失ってしまった。

2回2/3を8安打6失点3奪三振1四球で、今季9敗目を喫した。
投球数(ストライク):102球(67)

打席記録;1打数無安打(見逃し三振)

(8月)

ダルビッシュ 有(パドレス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

パドレス 0-4 ドジャース(現地時間8月26日の試合)

腰の張りから復帰し9番投手で先発出場。
初回、2回を三者凡退に抑えるも、3回表に先頭打者をフォアボールで歩かせると、続く8番バーンズ選手に先制となるツーランホームランを浴びてしまう。ワンアウト後に2本のツーベースヒットで追加点を奪われてしまいこの回3失点。
4回も先頭打者にスリーベースヒットで出塁を許すと犠牲フライで簡単に追加点を奪われてしまった。
4点ビハインドの6回裏、この回の先頭打者として打席が回ってくるも代打を送られ交代となった。

6回を5安打4失点6奪三振1四球で、今季8敗目を喫した。
投球数(ストライク):102球(67)

打席記録;1打数無安打(空振り三振)

ダイヤモンドバックス 12-3 パドレス(現地時間8月12日の試合)

9番投手で先発出場。
初回、2回は無失点で切り抜けるも3回裏に1死2,3塁からタイムリーツーベースヒットで同点に追いつかれてしまうと、1死2塁からタイムリーヒットで逆転を許し、1死1塁から5番ペランタ選手にツーランホームランを浴びて5失点。ダルビッシュ投手は2死走者なしとなったところで降板した。

2回2/3を6安打5失点4奪三振1四球で、今季7敗目を喫した。
投球数(ストライク):74球(43)

打席記録;1打数無安打(見逃し三振)

パドレス 6-2 ダイヤモンドバックス(現地時間8月7日の試合)

9番投手で先発出場。
初回は3者凡退に抑えるも、1点リードで迎えた2回表1死1塁の場面で、ウォーカー選手に真ん中に投じた
ファストボール(フォーシーム)を捉えられ左中間スタンドへの飛び込む逆転ツーランホームランを浴びてしまう。
2回裏に打線が1点を返し同点に追いついてもらうと、3回以降は3塁を踏ませない投球を見せる。
ダルビッシュ投手は7回を投げ切ったところで、2対2と同点のまま降板した。

7回を4安打2失点12奪三振で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):93球(69)

打席記録;2打数無安打(遊ゴロ、遊併)

(7月)

ダルビッシュ 有(パドレス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

パドレス 3-5 ロッキーズ(現地時間7月31日の試合)

9番投手で先発出場。
1、2回は無失点に抑え立ち上がりは良かったが、3回表に内野ゴロの間に先制を許すと2死走者なしからソロホームランで追加点を奪われてしまう。
2点ビハインドの3回裏に打線が2点を奪って同点に追いついてもらうと、打線の援護に答えるように4回表は3者凡退に抑える。
しかし5回表に2本のソロホームランで2点を勝ち越されてしまうと、6回表には2死2塁からタイムリーヒットでこの試合5失点目。
ダルビッシュ投手は6回を投げ切ったところで、2対5と3点ビハインドのまま降板した。

6回を5安打5失点8奪三振3四球で、今季6敗目を喫した。
投球数(ストライク):102球(64)

打席記録;2打数無安打(空振り三振、見逃し三振)

マーリンズ 9-3 パドレス(現地時間7月25日の試合)

9番投手で先発出場。
2回表に先制してもらうも3回裏にソロホームランで同点に追いつかれてしまう。4回表に1点を勝ち越してもらうも、その裏にまたもソロホームランで同点に追いつかれてしまう苦しい試合展開に。
2対2と同点で迎えた5回裏、2死2塁からタイムリーツーベースヒットとタイムリーヒットの連打を許し2点を勝ち越されてしまうも、5回を投げ切り4対2と2点ビハインドで降板した。

5回を5安打4失点6奪三振1四球で、今季5敗目を喫した。
投球数(ストライク):93球(61)

打席記録;2打数無安打(三ゴロ、空振り三振)

ブレーブス 2-1 パドレス(現地時間7月20日の試合)

9番投手で先発出場。
2回裏2死走者なしからツーベースとタイムリーヒットで先制を許してしまう。
4回表に味方打線が同点に追いつき1対1のまま試合は中盤へ。
均衡が崩れたのは6回裏、フリーマン選手に外角のフォーシームを捉えられレフトスタンドへ飛び込む勝ち越しソロホームランを許してしまう。その後2死走者なしからデッドボール、フォアボールで2死1,2塁となったところで降板となった。

5回2/3を4安打2失点3奪三振3四死球で、今季4敗目を喫した。
投球数(ストライク):95球(56)

打席記録;1打数無安打(犠打、空振り三振)

パドレス 9x-8 ナショナルズ(現地時間7月8日の試合)

9番投手で先発出場。
初回、1死走者なしからソロホームランで先制を許すと、その後2死2,3塁から2点タイムリーヒットを許し、この回3失点。
2回は3者凡退に抑えて立ち直ったかのように思えたが、3回に無死1,3塁からタイムリーツーベースと犠牲フライで2点を失い、さらに2死3塁からタイムリーヒットを許し3点を失い、序盤で6点のリードを許す展開となった。
3回裏に打席が回ってきたところで代打を送られ交代となった。

投球記録;3回を8安打6失点2奪三振で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):64球(44)

フィリーズ 4-2 パドレス(現地時間7月3日の試合)

9番投手で先発出場。
6回を6安打4失点8奪三振1四球で、今季3敗目を喫した。
投球数(ストライク):98球(74)

打席記録;2打数無安打(空振り三振、投ゴロ)

(6月)

ダルビッシュ 有(パドレス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

パドレス 5-4 ダイヤモンドバックス(現地時間6月27日の試合)

9番投手で先発出場。
6回を6安打1失点7奪三振1四球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):93球(61)

打席記録;2打数無安打(二併、三ゴロ)

パドレス 6-2 ドジャース(現地時間6月21日の試合)

9番投手で先発出場。
6回を2安打1失点11奪三振1四球で、今季7勝目を挙げた!!
投球数(ストライク):99球(67)

打席記録;2打数無安打(遊ゴロ、空振り三振)

ロッキーズ 8-4 パドレス(現地時間6月15日の試合)

9番投手で先発出場。
5回0/3を6安打4失点5奪三振2四球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):100球(66)

打席記録;1打数1安打1打点(右安(1)、死球)

パドレス 1-3 カブス(現地時間6月9日の試合)

9番投手で先発出場。
7回を3安打2失点8奪三振2四球で、今季2敗目を喫した。
投球数(ストライク):100球(67)

打席記録;2打数無安打(左直、見逃し三振)

パドレス 4-3 メッツ(現地時間6月3日の試合)

9番投手で先発出場。
5回1/3を4安打2失点5奪三振1四球で、今季6勝目を挙げた!!
投球数(ストライク):90球(57)

打席記録;2打数2安打(左安、右2)

(5月)

ダルビッシュ 有(パドレス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

アストロズ 8-11 パドレス [延長12回](現地時間5月29日の試合)

先発で登板。
5回を4安打5失点5奪三振4四死球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):92球(57)

パドレス 9-2 マリナーズ(現地時間5月23日の試合)

9番投手で先発出場。
7回を7安打1失点5奪三振で、今季5勝目を挙げた!!
投球数(ストライク):93球(63)

打席記録;2打数無安打(二ゴロ、遊ゴロ)

パドレス 7-0 パイレーツ(現地時間5月17日の試合)

9番投手で先発出場。
7回を4安打無失点10奪三振で、今季4勝目を挙げた!!
投球数(ストライク):81球(59)

打席記録;3打数1安打(三ゴロ、三ゴロ、左2)

ロッキーズ 3-5 パイレーツ(現地時間5月12日の試合/ダブルヘッダー第1試合)

9番投手で先発出場。
4回を2安打1失点2奪三振1四球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):76球(48)

打席記録;1打数無安打(空振り三振)

パドレス 4-2 パイレーツ(現地時間5月5日の試合)

9番投手で先発出場。
5回2/3を6安打2失点8奪三振1四死球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):98球(64)

打席記録;2打数無安打(空振り三振、空振り三振)

(4月)

ダルビッシュ 有(パドレス:ナショナルリーグ西地区)/ 投手

ジャイアンツ 3-2 パドレス(現地時間4月30日の試合)

9番投手で先発出場。
6回1/3を4安打1失点12奪三振4四死球で、今季3勝目を挙げた!!
投球数(ストライク):107球(69)

打席記録;2打数無安打(投ゴロ、空振り三振)

ドジャース 1-6 パドレス(現地時間4月23日の試合)

9番投手で先発出場。
7回を4安打1失点9奪三振5四死球で、今季2勝目を挙げた!!
投球数(ストライク):96球(60)

打席記録;3打数無安打(一ゴロ、右飛、見逃し三振)

パドレス 0-2 ドジャース(現地時間4月17日の試合)

9番投手で先発出場。
7回を1安打1失点9奪三振2四球で、今季初黒星を喫した。
投球数(ストライク):98球(68)

打席記録;2打数無安打(遊ゴロ、空振り三振)

パイレーツ 2-6 パドレス(現地時間4月12日の試合)

9番投手で先発出場。
7回を3安打1失点6奪三振1四球で、今季初勝利を挙げた!!
投球数(ストライク):95球(63)

打席記録;3打数無安打(空振り三振、空振り三振、捕ゴロ)

パドレス 3-1 ジャイアンツ(現地時間4月6日の試合)

9番投手で先発出場。
6回を3安打1失点7奪三振1四球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):89球(55)
打席記録;2打数無安打(中直、右直)

パドレス 8-7 ダイヤモンドバックス(現地時間4月1日の試合)

先発で登板。
4回2/3を8安打4失点6奪三振1四球で、勝敗はつかなかった。
投球数(ストライク):93球(64)